THP(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)事業のご案内

THP(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)は、すべての人を対象として若い頃から継続的で計画的に、心とからだの両面からトータルな健康づくりを進める運動です。

THPは、働く人の健康づくりを進めるための原則を示した労働安全衛生法第69条、70条と、労働大臣が公表した「健康づくり指針」に沿って、健康測定やその結果に基づいた運動指導、栄養指導、保健指導、心理相談などを行っていくものです。

健康づくりを実施するにあたっては、さまざまな方法や手段がありますが、THPでは、産業医を中心とするスタッフによる6種類の測定指導を行います。

THPの特徴をあげますと次のとおりです。なお、THPは安全衛生管理の一環として位置づけられています。

  • 労働安全衛生法による健康づくり
  • 中高年齢者だけでなく、若いうちからの健康づくり
  • 心とからだの両面を大切にする健康づくり
  • サービス機関などの支援で中小企業も健康づくりに参加
  • 健康づくりに対する国の助成制度


健康測定(THP)と健康診断の違い

  • 健康診断

    疾病の早期発見

  • 健康測定

    健康の維持・増進をはかるために個人の健康プログラムを作成し実行します。病気をしない質の高い社会生活が送れるよう、指導相談をします。

当センターのTHP

  • 運動指導

    運動指導担当者が労働者個人個人について、実行可能な運動プログラムを作成し、運動実践を行うに当たっての指導を行います。また、運動指導担当者及び運動実践担当者が当該プログラムに基づく運動実践の指導援助を行います。

  • 保健指導

    産業保健指導担当者が、健康上の問題の解決や生活習慣に向けての、健康測定の結果及び産業医の指導票に基づいて、睡眠、喫煙、飲酒、口腔保健等の健康的な生活への指導及び教育を行います。

  • メンタルヘルスケア

    心理相談担当者が産業医の指示のもとメンタルヘルスケアを行います。その内容は、ストレスに対する気付きへの援助、リラクゼーションの指導等になります。

  • 栄養指導

    産業栄養指導者担当者が、健康測定の結果及び産業医の指導票に基づいて、労働者個人個人の食習慣や食行動の評価とその改善に向けて指導を行います。

メディカルチェック項目

問診既往歴、家族歴、自覚症状、その他
診察診察所見
身体測定身長、体重、皮下脂肪、体脂肪率、腹囲
呼吸機能

肺活量、1秒率

循環機能

血圧、心電図、(安静時、運動負荷時)

胸部肺レントゲン(正面)
肝臓機能血液検査(GOT・GPT・γ-GTP)
腎臓機能血液検査(クレアチニン)、尿検査(尿蛋白、尿潜血)
貧血血液検査(ヘモグロビン・赤血球・白血球・ヘマトクリット)
動脈硬化血液検査(総コレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪・LDLコレステロール)
糖尿病血液検査(空腹時血糖)、尿検査(尿素)
運動機能

筋力、筋持久力、柔軟性、平衡性、全身持久力

※医師の判断により中止する場合があります

生活状況調査仕事の内容、通勤方法、生活リズム、趣味、嗜好、食生活、運動習慣、運動歴、メンタルヘルス、口腔保健

THPの流れ

THP事業の流れ

※人間ドック、定期健康診断に併用して行うことが可能です

THPのお申し込み、お問い合わせ

松江記念病院健康支援センターへお問い合わせください。

  • 電話:0852-27-8382
  • FAX:0852-29-0163
  • (08:30 ~ 17:30 日曜・祝日を除く)

私たち創健会は保健・医療・福祉の三本柱で皆様の健康を暮らしを支えます   © 2007 Soukenkai