リハビリテーション部のご案内(リハビリテーションのご案内)

当法人のリハビリテーション部は理学療法課、作業療法課、言語聴覚療法課があり、理学療法士15名、作業療法士10名、言語聴覚士7名が勤務しています。(2018年10月時点)

主な業務内容は、松江記念病院でのリハビリテーション、宇賀の里つばさでの入所・通所リハビリテーション、ナーシングセンターあけぼのでの入所・通所リハビリテーション、訪問看護ステーションあゆみでの訪問業務です。他、毎年「転倒予防教室」を実施し地域からの依頼があれば「無料出張講座」を開催しています。

平成27年1月1日より、365日の切れ目の無い継続したリハビリテーションを行い、患者様や利用者様に少しでもお役に立てればと努力しています。


リハビリテーション部責任者:花手 紀晶

 リハビリ部長


リハビリテーションとは

リハビリテーションの語源はラテン語で、re(再び)+habilis(適した)です。「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」などの意味を持ちます。病気や外傷が原因で心・身の機能、運動の障害と生活上の支障が生じたときに、多数の専門職種が連携して問題の解決を支援する総合的アプローチの事をいいます。

創健会のリハビリテーション

ご病気や入院で身体機能・運動能力に不安がある方へのリハビリテーションを様々な環境で提供しています。『ふれあいと健康をもとめて』を理念に入院から在宅生活までリハビリテーションを共にします。創健会のリハビリテーションの特徴は医療保険、介護保険のどちらでもご利用が可能な事です。様々なリハビリテーションが提供可能ですので紹介します。

  • 医療保険
    • 入院患者様へのリハビリテーション

      脳血管、運動器、呼吸器のリハビリテーションを各専門職が担当し実施します。

      主治医からの指示の下、リハビリテーション計画を立案し実施します。

    • 外来通院によるリハビリテーション

      外来診察時間(午前 08:30~12:30 / 午後 16:00~18:30)内にて対応しています。

      リハビリ前に診察を行っていただきますが、待ち時間が長くならないよう完全予約制となっています。

      (初回は、できるだけ当日に対応するようにしています)

  • 介護保険


  • 訪問看護ステーションあゆみ

    理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がご家庭を訪問し、リハビリテーションを受けていただくことが可能です。


私たち創健会は保健・医療・福祉の三本柱で皆様の健康を暮らしを支えます   © 2007 Soukenkai