診療部のご案内

診療部責任者あいさつ

日本が人口減少時代に突入し団塊の世代が高齢者となられる昨今、国の方針として病院の住み分け政策が推進される中、松江記念病院には全人的かつ断続的な診療体制が求められています。

外来診療では、地域の掛かりつけ病院として日常診療を行いながら、要事には高次機能病院への迅速な紹介体制を構築しています。入院診療では、急性期病院での治療に一段落ついた患者様を受け入れる後方支援病院としての役割を担っています。診療部としては、各課が一丸となり、また看介護部、リハビリテーション部、地域連携課と連携をとり、一人一人の患者様のニーズに沿った医療サービスを提供できるように日々努力しています。

患者様、家族様によりそう診療体制を心がけて邁進していきますので、これからも松江記念病院をよろしくお願い致します。


診療部責任者:小西 伊智郎

 診療部長


薬剤課

少人数ですが和やかな雰囲気で日々チーム医療の一員となれるよう頑張っています!


~薬剤課スタッフより一言~

一緒に働ける薬剤師の方お待ちしています!!当直勤務はありません。原則外来は院外処方箋となっています。現在は薬剤師の病棟配置を行えておりませんが、薬剤管理指導業務を行っています。日本糖尿病療養指導士、島根県糖尿病療養指導士の受験資格が得られます。随時見学可能です。ご連絡お待ちしてます。当院での業務を紹介します。


  • 調剤業務

    お薬を調剤する際には処方の内容が適切であるか監査をします。必要に応じて疑義照会を行い、調剤、調剤後監査を経て薬を病棟へ払い出します。一包化や簡易懸濁法に対応した調剤を行っています。

  • 注射業務

    注射薬は一患者一施用毎の取り揃えを行っています。クリーンベンチにて無菌製剤も行っています。

  • チーム医療
    • 糖尿病

      委員会への参加、病棟カンファレンス、糖尿病教室、教育入院の講師として活動しています。糖尿病療養指導士の受験資格も得られます(島根県糖尿病療養指導士1名)

    • 緩和ケア

      委員会への参加、麻薬管理等

    • 感染対策

      抗菌薬・消毒薬の適正使用推進のため、院内ラウンドを実施しています

    • 医療安全

      医薬品に関する医療事故防止のため、医師・看護師・事務部門等と連携して活動しています。院内の医薬品安全管理責任者も薬剤師が務めます。

  • 薬剤管理指導業務

    院内採用品に限らず、持参薬も含めた医薬品適正使用の為の薬歴管理や情報提供を行います。患者様本人やご家族の方へ必要に応じて分かりやすい薬の説明を行うことを心がけています。入院時にはお薬手帳を確認します。退院時には服用中の薬剤についてお薬手帳への記載を行います。

  • 医薬品管理業務

    外来診察室、病棟、手術室、検査室等に配置しているすべての医薬品は、法的規則に基づき定数管理を行っています。また薬剤の期限管理を行い適切な在庫管理を心がけています。後発医薬品への切り替えも積極的に行っています。

中央検査課 検査

「ふれあいよりそうケア」という法人の方針をもとに、利用者の方が安心して検査を受けられるよう、また、より精度の高い検査が提供できるよう取り組んでいます。当院での業務を紹介します。


  • 生理機能検査
    • 心電図検査

      不整脈や狭心症、心筋梗塞などの所見の有無を判断します。

    • 負荷心電図

      運動をして負荷をかけることによる心電図の変化をチェックし、虚血性の心臓病・不整脈などの診断の手がかりとします。

    • ホルター心電図

      不整脈や虚血性心疾患が起こってないか精査するために、24時間の心電図を記録する検査です。

    • 肺機能検査

      スパイロメトリーという装置を使って肺活量と1秒率を測定することにより、肺組織の硬さ、呼吸筋の異常、気道の狭窄、肺実質の弾性の低下などによる肺機能の低下の有無を調べます。とくに喘息、肺気腫など慢性閉塞性肺疾患(COPD)を診断する手がかりとします。

    • 眼底検査

      無散瞳眼底カメラを使って眼底の写真を撮影し網膜血管や視神経乳頭、黄斑を観察します。高血圧、動脈硬化、糖尿病による血管の変化、出血、白斑の有無、緑内障の可能性の有無をみます。

    • 眼圧検査

      眼球の内圧を測定し、緑内障の診断の手がかりとします。高値の場合は眼科での精密検査をすすめます。

    • 腹部エコー

      人体に無害な超音波をあてて、腹部の臓器(肝臓、胆のう、すい臓、ひ臓、腎臓など)に異常がないかをみます。

    • 心エコー

      心臓の形状(特に壁の厚み、弁)や動き、さらに血流異常の有無などを調べます。(※循環器医師による検査)

    • 乳腺エコー

      マンモグラフィー検診での精密検査を行ったり、超音波ガイド下穿刺吸引細胞診を行ったりします。

    • 頚動脈エコー

      頚動脈を超音波で観察することにより、動脈硬化の進行の程度をみます。頚動脈の動脈硬化は高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙などの危険因子の影響を受けて進行します。動脈硬化の進行の結果おこる心筋梗塞や脳梗塞の予防に役立つ検査です。

    • 甲状腺エコー

      甲状腺や頚部リンパ節を検査します。

    • 四肢脈波検査

      寝た状態で両手両足に血圧計を巻き、血管の硬さや下肢静脈の狭窄をみる検査で動脈硬化の程度を調べます。動脈硬化の危険因子(高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙など)を有する方等に行います。

    • 術中エコー

      手術中のエコー機器取扱いの補助をします。

  • 巡回検診業務

    事業所に出掛けて心電図などの検査業務を行います。

  • 内視鏡補助業務

    医師による内視鏡検査(胃カメラ検査、大腸内視鏡検査)の補助をします。

  • 輸血管理業務

    血液製剤の発注、保管、払い出し等の管理を行います。

  • 血糖自己測定器管理業務

    血糖自己測定器の払い出し、在庫管理等を行います。

  • 時間外・休日業務

    時間外・休日に依頼された検体検査、輸血検査等を待機当番の検査技師が行います。

  • チーム医療

    各種委員会に参加し、チーム医療の一員として活動しています。


私たち創健会は保健・医療・福祉の三本柱で皆様の健康を暮らしを支えます   © 2007 Soukenkai