医療法人社団創健会 理事長あいさつ

当法人は、昭和61年4月14日、松江市上乃木宇賀の地に「ふれあいと健康をもとめて」を理念に、当時としては新しい試みの人間ドック・健診(予防医療)をひとつの柱とした松江記念病院を開設しました。


その後、独居高齢者が増加する社会情勢の中、病院での療養と在宅での療養とをつなぐ中間的な施設の必要性から、平成5年5月1日に介護老人保健施設ナーシングセンターあけぼの(80床)を開設、さらに平成12年4月1日高齢者の自立支援と尊厳の保持を基本理念とする介護保険法が制定されたことを受け、訪問看護ステーション、通所リハビリテーションを開設し、介護療養病床(現:介護医療院宇賀の里つばさ)を含むリハビリテーション棟の増築をおこないました。


介護保険法の制定後、医療保険でなされていた社会的入院から介護保険での療養への誘導がおこなわれ、また地域医療においては一病院完結型医療から地域完結型医療への転換が進められてきました。これにより、当法人の地域における役割についても、各医療機関・施設との連携の中で、より明確なものとなり現在にいたっております。


創健会理事長 内藤 篤

 

私たち創健会は保健・医療・福祉の三本柱で皆様の健康を暮らしを支えます   © 2007 Soukenkai